資格NAVIGATOR 行政書士特集

行政書士の需要と将来性

その他の資格

  • FP
  • MOS
  • 医療事務
  • 保育士

colum:必読 行政書士のあれこれ

行政書士の需要と将来性

この記事を保存・共有する

行政書士の需要と将来性イメージ

行政書士の需要と将来性

行政書士の今後の需要については、どんな事が言えるでしょうか。

行政書士が扱える法律関係の書類の総数は、実に"10,000種類"を超えると言われています。これほど多岐にわたる法律系の書類を扱える資格なのです。

つまり、世の中から法律関係の書類申請業務が無くならない限り、その需要も無くならないということになります。実際に、行政書士は相当数の"独占業務"を獲得しているため、社会のニーズの観点からも必要不可欠な存在と言えます。

ですが、近年申請書類の簡便化が進んでいるため、消え去ろうとしている業務もあるようです。

例えば「運転免許証」の"書類作成"業務等は激減し、陸運局の近くに有った事務所などは消滅しつつあるようです。その中で、法律の制定改廃や、今後行政書士も「ADR(裁判外紛争解決)」の参画が期待されることを考えると、時代のニーズに合わせた業務の拡大と再構築をして行くことは、十分に可能と考えられます。

行政書士の業務は、"法律系の申請書類作成と申請"という枠を超え、近年コンサルティングの領域にもその幅を広げています。

広範にわたる業務のうち、洞察力を働かせ2,3の分野に絞り特化するなら、"この分野ならおまかせ!"という"自分の強み"を持ち、その分野の助けを必要とするクライアントを獲得していくことができるでしょう。

今後、社会のシステム多様化に伴い、行政書士が扱う法務関係、経営関係の案件はますます多くの分野とリンクする必要が出てくるでしょう。その中に、自分の知識や技能を反映し、人脈を可能な限り張り巡らして行く面白みが有ります。

また、既に定額化している書類作成業務の幾つかを組み合わせてパッケージ化し、オリジナリティーのある"商品"を生み出していくことも可能です。つまるところ、行政書士の将来性といえば、時代はその分野のエキスパートを必要とし続け、新たなアイディアを提言できる人材の発掘が期待されている、と言えるのです。

この記事を保存・共有する

blog comments powered by Disqus

行政書士に関するつぶやき